松山南高校野球部〝南攻不落〟

愛媛県立松山南高等学校野球部の日々を綴ります。

練習がしたいです。

本日は2年生の定期考査が終わったので、

2年生のみの練習でした。

それぞれの課題に向き合いながら熱心に練習していました。

(2年生は来週から修学旅行のため、定期考査が今日まででした)

 

1・3年生は来週から定期考査のため、

明日・明後日も2年生のみの練習です。

私としては、

テストの疲れと、修学旅行を思いっきり楽しんでもらいたいのとで、

明日・明後日は休養日でも良いかなと思っていましたが、

何名かが私のところに来て、

「練習ができるなら、練習したいです」とのこと。

本当に頭が下がります。

私はグランドに出られないのですが、

顧問の先生方が快く引き受けてくださいました。

松山南高校野球部は、スタッフも充実しています。

 

「こんにちは。

2年・ファーストの重松宏幸です。

松山南高校野球部は、

平日約2時間、休日約4時間という短い時間で効率良く練習しています。

野球だけではなく、学校生活や勉学なども大切にしています。

部活の時間で、野球をするだけではなく、

ビブリオバトルやマネージャー感謝祭などの活動があり、

いろいろな面で成長しています。

効率良く練習をするために、

練習の最初に、ボードに一人ひとり目標を書きます。

そうすることで、

自分を高めることができ、質の高い良い練習になっています。

新チームになって、「甲子園」を目指して練習してきました。

先輩たちは最後の大会なので、

少しでも戦力になれるように頑張りたいと思います。

また、自分自身は、ベンチ入りできるように、

日々練習をし、上達していきたいです。」

一つ一つの練習に実直に取り組んできた重松宏幸。

人を惹き付ける彼のダッシュに注目してください。

〝南攻不落〟

伝える 伝わる 行動する

本日の野球部通心『優』

伝えること、伝わること、行動することの大切さを書きました。

 

「2年生は中間考査2日目ですね。

テストが始まってしまえば、大切なのは良い心持ちで受けることです。

ご機嫌で受ける。

終わったテストのことを嘆いても仕方ないので、

「次だ!次!!」と思いながら受ける。それしかありません。

これは、丁度夏の大会にも当てはまるかもしれませんね。

どれだけ失敗しようと、もう取り返しはつきません。

「次だ!次!!」の心持ちでその後のプレーに全力投球。それしかありません。

2年生の大健闘に期待しています!!!

 

1・3年生は良き日々を過ごしていることと思います。

ちゃんと反応できる人は、

きっと2日前には入念な計画を立て、昨日からその計画通りに動いていることでしょう。

 

この通心では、たくさんのことを伝えます。

伝えたからといって、伝わるかどうかは、正直分かりません。

ただ、読んでもらわないと、まず伝わりません。

私は伝えたいから、毎日書きます。

加えて、読んだ後に「そうだ!」と思ったら行動です。

人はいい話や言葉に出会うと気持ちが良いものです。

でも、その気持ちの良さで終わってしまえば、

読んでない人、聴いてない人とほとんど同じです。

何度も言っているように、人は「できない理由を言う天才」なので、

何かと理由をつけて「良い」と思ったことを即行動に移す勇気を持つことができません。

松山南高校野球部は、その勇気を持っている人が揃っている集団ですよ。」

 

「こんにちは。

2年・ライトの日野虎太郎です。

私が紹介する松山南高校野球部の魅力は〝雰囲気〟です。

この野球部には色々な雰囲気が存在しますが、

その中で私が一番好きな雰囲気は「何でも言える」雰囲気です。

どこのチームでも、先輩が後輩に何か言うことはありますが、

南高野球部には、後輩が先輩に何か言うこともあります。

チーム力や個人の技術力の向上のために、

お互い知恵や助言を出しながら練習ができる雰囲気が、私はとても好きです。

私には夏に向けた決意が1つあります。

それは、元の身体に戻すことです。

昨年の11月にケガをして以来、まだ前の身体に戻っていないのが現状です。

また、今後手術も予定されているので、

自分の身体をもう一度作り直して、試合でも戦える身体を作ります。

1日でも早く、ケガで遅れた分を取り戻して、

南高野球部に貢献することができたらと思っています。」

ケガで満足に動けなくても毎日練習に来てくれた日野虎太郎。

手術後、夏の大会には間に合わせます!!

〝南攻不落〟

松山南高校野球が勉強する理由。

本日の野球部通心『優』

 

松山南高校野球部がなぜ勉強しなければならないのかを伝えました。

 

勉強をせずして、松山南高校野球部は語れません。

勉強で頑張らない人が、

甲子園に行くとか、野球強豪校に勝つなど言ってはいけないし、不可能に近い話です。

甲子園に出場する学校や強豪校は、来る日も来る日も野球で頑張っています。

それに対抗するには、

松山南高校野球部は、

そんな学校が野球を頑張っている分以上の努力を勉強でするしかありません。

やらなければいけないものではなく、

やるのが当然なのが、勉強です。」

 

強豪校と同じ舞台で戦うには、

強豪校と同じぐらい、いやそれ以上に、

「俺たちはやるべきことをやってきたんだ!!」

という想いが必要です。

松山南高校野球部は、

勉強も武器にして夏の大会に臨みます。

 

「こんにちは。

2年・センターの田中大翔です。

松山南高校野球部の魅力は、なんといっても野球部員全員が仲が良いことだと思う。

先輩・後輩の壁を越えて練習中に本音をぶつけ合えたり、

言いたいことを何でも言えたりするところが素敵だと思う。

そして楽しい。

本当に良いチームメイトに恵まれたと思う。

夏に向けた決意としては、背番号をもらうこと。

練習でも手を抜かず、人が見ていないところでの努力を忘れずにしていきたい。

1年生の加入でもちろん負けられないし負けるつもりもないが、

教えられることはすべて教えて、

サポートに回るにしても最高の状態で夏の大会に挑めるようにしたい。

3年生と少しでも長く一緒に野球するためにも、

できることなら自分の力も加えて貢献したい。

夏、優勝して甲子園に行くぞ!」

人間的にも野球的にも、目に見える形で成長した田中大翔。

彼の鋭い打球と走塁にご期待下さい。

〝南攻不落〟

計画の大切さと、本番はやるしかないということ。

本日の野球部通心『優』

2年生は明日から中間考査です。

1・3年生はテスト期間2日目なので、計画の大切さを伝えました。

「おはよう。

今日の1日を、「甲子園」を口にして恥ずかしくない行動・質で過ごそう。

2年生は明日からテストですね。計画通りに勉強できているでしょうか?

「ばっちりです!」という人もいれば、

「いや、ちょっとヤバい・・・」という人もいるでしょうね。

計画通りに物事を進めることができるのは、能力です。

そしてその能力を先天的に身に付けている人はほとんどいません。

それができるようになっている人は、

きっと社会に出てから引く手あまただろうと思います。

このまましっかり頑張って、今日は十分に寝てテストに臨んで下さい。

もし、全然計画通りにいってなかったり、

計画すら立てずに今までダラダラ過ごしてしまったり人がいるならば、

もうやるしかありません。

今までの自分を恥じながら、徹夜でも何でも、できることをして下さい。

2年生の大健闘を祈っています!!

1・3年生はテスト期間2日目ですが、計画は立てていますか? 

適切な計画を立てられることも、能力です。

これも先天的に持っている人は非常に少ないです。

通常は、何度も何度も計画倒れを経験することで自分の力を正しく把握し、

次第に無理のない計画が立てられるようになっていきます。

ぜひ時間をかけて計画を練って下さい。

それぞれの段階ですべきこと、養える能力は違いますが、

それらはすべて野球に生きてきます。

それを信じて、今は勉強に邁進して下さいね。」

 

「こんにちは。

2年・キャッチャーの福岡樹季です。

まず、松山南高校野球部の最大の良いところは、

「練習中は先輩・後輩関係がほとんどない」ということです。

このおかげで、選手たちでお互いに改善点を指摘し合えているので、

個人のレベルだけでなく、チーム力も上がりました。

また、

「思いついたら即行動にうつす」ということも松南野球部の魅力ではないかと思います。

今のチームは「主体性」というキーワードを頭に入れて行動しています。

そうすることでより充実した練習になります。

このようになったのも、

新チームが始まって以来、様々なことを思いつき、行動にすぐ移す。

これを繰り返してきたからだと思います。

夏の大会は、チームの最大の目標である甲子園に行くために、

個人的には、試合に出るなら一球にかみついてでも勝ちに行くようにする。

出ないなら常に何をすればチームの力になれるのか。

これらの考えを試合だけでなく練習で持ちながら取り組みます。

地道ですが、最大の近道だと思っています。」

キャッチャーとして、打者として急成長を見せている福岡樹季。

彼の「甲子園行くぞ-!」の大声は、チームメイトを奮い立たせてくれます。

〝南攻不落〟

野球部通心『優』で強くなる。

本日から松山南高校はテスト期間に入りました。

野球部は、朝練習を除いて活動休止となります。

 

テスト期間中に何も野球部の活動が無くなるのは寂しいので、

普段は練習の最後に配布している『野球部通心「優」』だけは朝に取ってもらい、

読んでもらうようにしています。

内容は様々で、

経済や世界情勢、時事問題などを書くこともありますが、

多くは人間力を養えるような記事を書いています。

短い練習時間で伝えられることは限られているため、

どうしても伝えたいことや、

何度も読んでほしいことが形に残るので役に立っていると感じています。

f:id:m-minami-bc:20170508171657j:plain

「こんにちは。

2年・ショートの中井雄理です。

私が思う松山南高校野球部の魅力は伸び伸びと野球ができるところだと思います。

なぜならば先輩・後輩の壁が良い意味でないからです。

先輩方はとても良い人ばかりです。

だから私たち後輩も変に気を遣う必要がなく良い関係を築くことができ、

練習の時もお互い厳しい声かけができるので、

支え合いながら成長することができます。

先輩と後輩の関係が良く伸び伸び野球ができる。

これが松山南高校野球部の魅力だと思います。

私は夏に向けて、

ここぞの場面で一本出るようなバッターになりたいと思います。

私はおそらく代打で出場する機会が多いと思います。

その時一本出せるように、フリーバッティングでも一球一球集中し、

良いところで打てるようなバッターになります。

3年生と甲子園に行けるように、

一球入魂でバットを振り続けます。」

チームのムードメーカー的存在の中井雄理。

彼の気合いの入った打席と、その勝負強さにご期待下さい。

〝南攻不落〟

自分でするから感謝するようになれる。

f:id:m-minami-bc:20170507173132j:plain

本日は日曜日ですが、松山南高校は開校日。

今年度初めてのブロック行事である「リレー・綱引き大会」がありました。

 

学校行事があるときは野球部が動くときです。

昨日の練習試合の後、テントを用意したり、

今日も朝に集合してグランドを中心にサポート活動をしました。

f:id:m-minami-bc:20170507174331j:plain

こういう活動を自分たちがすることで、

たくさんの人たちが学校行事を成功させるために動いてくれていることを知ることができます。

それを知れば、感謝する心が育ちます。

 

生徒たちには、

「人は感謝で動く」ということを伝えています。

松山南高校野球部は、

これからも学校に貢献する活動を、

感謝の心を込めて行っていきます。

〝南攻不落〟 

 

南高生の躍動する姿は美しい!!

f:id:m-minami-bc:20170507175130j:plain

 

 

 

GWありがとうございました。

本日の練習試合の結果

  松山南 1 ー 5 脇 町

  脇 町 3 ー 10松山南

松山南高校グランドにて、

徳島県の脇町高校をお迎えして2試合行いました。

 

1試合目はミスの連鎖から失点しました。

打線は、何度も満塁の場面を作るなど見せ場はありましたが、

あと1本が出ませんでした。

2試合目は初回に嫌な形で失点しましたが、

投手がテンポ良く投げ、打線もそれに応えることができました。

 

昨秋に県ベスト8まで進んだ脇町高校のエース格2人はさすがの投球で、

私たちも見習う部分がたくさんありました。

松山南の打線は、

このレベルの投手を打ち崩す術を身に付けなければなりません。

有り難いことに、

最近こういう投手とたくさん対戦できているので、

調子に乗らなくて済みます。

まだまだ成長しよう。

 

1試合目は途中まで雨で水が浮く状態での試合でしたが、

生徒たちが一生懸命試合が成立するように動いてくれました。

試合後は感謝の気持ちを込めて丁寧にグランド整備を行いました。

3日間グランドを空けて下さった他の部活動にも感謝です。

学びの多いGWになりました。

ありがとうございます。

〝南攻不落〟