松山南高校野球部〝南攻不落〟

愛媛県立松山南高等学校野球部の日々を綴ります。

高校野球の恐ろしさ。

f:id:m-minami-bc:20170416170948j:plain

本日の練習試合の結果

  松山南 0 ー 4 土居

   土居 4 ー 5 松山南

土居高校グランドにて2試合行いました。

土居高校は、昨年の夏や直近の春季大会で県ベスト16に入っている実力校。

1試合目は、

エースの左腕にあわやノーヒットノーランかという見事なピッチングを披露されました。

レベルの高い投手に対する対応をこれから考えていかなければなりません。

松山南の2年生投手も味方のミスさえなければ無失点ピッチングでした。

ミスを得点に結びつける土居打線を見習うことと、

ミスを得点に結びつけない対策を考えよう。

2試合目は、

8回終わって1-4の劣勢でしたが、

9回裏に4点を奪い、サヨナラ勝ちを収めることができました。

高校野球の恐ろしさを学ぶことができました。

1試合目からずっと沈黙の打線でしたが、

諦めなかった生徒たちの勝利です。

粘り強く戦うことはできるようになってきました。

「たら」「れば」を多く語り反省して、

来週はもう一段高いレベルで戦えるよう精進します。

 

「こんにちは。

3年・レフト・副主将の髙田陽佑です。

僕たちの魅力は自分たちで練習をつくることができることです。

メニューから作ることもあれば、

監督にやらされるのではなく自分たちで雰囲気をつくることができます。

勉強と同じく部活もやらされるものにたいして意味はなく、

自分からやることにこそ意味があり、

同じことをするにあたってもその差は歴然だと僕は思います。

自分からやる練習に対しては手を抜こうなど考える暇もなく、

どうすればさらによくなるかだけを考え、

日々意見を出し合い、

全員で甲子園を目指し頑張っています。

自分にとって今年は最後の夏になる分その思いはとても強いです。

夏の大会まであと100日を切った今だからこそ日々の練習を楽しみ、

笑顔で仲間とともに頑張ります。

練習で積み重ねた100%が出れば必ず甲子園に出られると思います。

しかしそれができるかどうかが問題なので、

みんなで100%が出せるように切磋琢磨し、

悔いの残らない時間を過ごしていきます。」

チームメイトに厳しい声をたくさんかけてくれるのが髙田陽佑です。

プレッシャーを力に変えて頑張る彼に声援をお願いします。

〝南攻不落〟