松山南高校野球部〝南攻不落〟

愛媛県立松山南高等学校野球部の日々を綴ります。

自分の行動に意味づけをする。

f:id:m-minami-bc:20170418121039j:plain

本日は休養日。

いつも通り学校に行くと、

朝7時頃から掃除をしている音が聞こえてきました。

あ~昨日の雨で桜が散ったから誰か先生がして下さっているんだろうな、

ありがたいなぁと思いながら見に行くと、

なんと野球部がやっているではありませんか。

どうしたの?と聞くと、

「今日は休養日でみんなが顔を合わす機会がないので、

朝ぐらいは集まろうと思って・・・」

・・・偉い!!

考える力が身についている証拠だと思います。

この力は野球にも絶対に生きる。

昨日部結成に来た1年生も来てくれていました。

参加しながら、

なぜその活動をしているのかを考えたり、

先輩と話したりして松山南高校野球部を学んでほしい。

どんなにしんどい、面倒くさいと感じてしまうことでも、

意味づけすれば、

やるべきことに変わります。

やるべきことをやっていると、楽しくなってきます。

楽しくなってくると、やりたいことになってきます。

やりたいことが増えると、学校生活が充実します。

今日は朝から良い気分にさせてもらいました。

ありがとう。

今日はしっかり休んで、明日からまた頑張ろう!

 

「こんにちは。3年・マネージャーの山岡嘉奈です。

私が思う松山南高校野球部の魅力は、

〝一人ひとりが松山南高校野球部であることに責任と誇りを持っていること〟です。

私たちの野球部は人間力というそれぞれのお守りを持ち、

常に全力で部活動に取り組んでいます。

人間力の向上を求めた個人の活動や、

学校全体のボランティア活動に及ぶ範囲まで取り組むことで、

他人からの信頼を得て、

「思わず応援されるようなチーム」になってきていることは確かだと思います。

そこで自然と生まれる責任感が選手たちを更に強くし、

松山南高校野球部に所属することへの誇りに繋がっているのだと日々感じています。

気づけば最高学年となり、引退まで残すところ夏の大会のみとなりました。

私自身も日々実感している責任や誇りを大切にして、

「私にしかできないこと」に精一杯力を注げるようなマネージャーになります。

理想とするマネージャー像にはまだまだ到達していません。

残りの日数でたくさんのことを吸収して、成長していきます。」

 松山南高校野球部にとって欠かせない存在となっているマネージャー。

山岡嘉奈の笑顔のあいさつで癒されてください。

〝南攻不落〟

f:id:m-minami-bc:20170418121024j:plain