松山南高校野球部〝南攻不落〟

愛媛県立松山南高等学校野球部の日々を綴ります。

松山南高校野球部員である前に、南高生である。

f:id:m-minami-bc:20170419200452j:plain

本日は平日練習。

練習試合で出た課題と向き合いました。

自分たちの良いところは消さず、

弱い部分をどう克服するか。

勉強と一緒ですね。

今日は1年生も2・3年生と同じメニューを少しだけ。

最低限のトレーニングは教えますが、

今の時期から2・3年生と一緒に野球をすることで、

感謝と野球の楽しさを味わってほしい。

今日は、

「南高野球部員である前に、南高生である」

ということを伝えました。

松山南高校があるから野球部があります。

野球をしに学校に来ているというのは、

言ってもいいとは思いますが、

例えば課題をやっていないとか、身だしなみで指導されるなど、

文字通り野球しかしにきていないのであるならば、

松山南高校野球部員としては認められません。

南高生であることに誇りを持って、

勉強・学校生活(行事)・部活をしっかり頑張るのが、

本物の松山南高校野球部です。

 

「こんにちは。

3年・センターの一宮優斗です。

松山南高校野球部は、

他の高校の野球部では経験しないようなこと、

例えばビブリオバトルをしたり講演を聴くなどの活動もして甲子園を目指しています。

練習では、

時間は短く、使えるスペースが狭いからこそよりよい練習へ日々全員が工夫していることが魅力の一つであると思います。

また、苦しいからこそ笑えることができるのも自分たちの武器です。

夏の大会まで3か月を切って、

いつの間にか夏の大会が来たということがないように、

1日、1日を文武両道します。

また、1年生が入部すると人数も増えるので、

今まで以上にチームを引っ張る存在になろうと思います。

夏に向かうからこそ今までやってきた素振りや食べることを継続させて、

夏の大会で普段通りのプレーができるように、毎日の行動で自信をつけていきます。」

真面目で繊細な男・一宮優斗。

練習する機会が少ないにも関わらず急成長した守備に注目して下さい。

〝南攻不落〟

f:id:m-minami-bc:20170419200432j:plain