松山南高校野球部〝南攻不落〟

愛媛県立松山南高等学校野球部の日々を綴ります。

負けても負けても目標は甲子園。

f:id:m-minami-bc:20170423192355j:plain

本日の練習試合の結果

  松山南 1 ー 8 北 条

  北 条11 ー 3 松山南

北条高校グランドにて2試合行いました。

打撃については、

この1週間で意識してきたことを出すには、

期間が短過ぎたと思いたい。

実際、その意識が功を奏した生徒もいたので、そこに目を向けよう。

新しい武器を手に入れるために、

一度沈むことはよくあることです。

それでもやり続けるか、それとも今までの武器を磨くか。

松山南高校野球部は、

新しい武器を手に入れる方を選択し、挑戦し続けます。

今日の投手陣は、

流れをつかむことができませんでした。

嫌な流れにしない。

嫌な流れを断ち切る。

冬場の頑張りは誰もが認める投手陣ですが、

その成果が出ていないのが歯痒いところ。

ピッチャーの責任の重さを強さに変えてほしい。

 

北条高校野球部は、

言わずと知れた愛媛の名将・澤田勝彦監督が率いる野球部です。

グランドに入った瞬間に、

甲子園を経験した監督のグランドはこうも違うのかと、背筋が伸びる思いがします。

ゴミはおろか落ち葉一つもないグランドは、

まさに聖地といった印象です。

グランド以外にも様々なところに気遣いを感じました。

シーズン中に1度は試合を組んで、

生徒はもちろん監督の私もたくさん学びたい野球部です。

「目標は甲子園 目的は人間形成」

「すすんでやるのが上の上

 真似てやるのが中の中

 言われてやるのが下の下

 そして、言われてもやらないのが下の下以下」

澤田監督から学ばせていただけること、この上ない幸せです。

 

「こんにちは。3年・ライトの佐々木翔太です。

松山南高校野球部の魅力はズバリ“人間力野球”です。

練習環境が限られているこの部活はただ野球をするだけでは勝てません。

そこで野球、勉強、学校生活すべてひっくるめて甲子園を目指しています。

他にも、

講演会を聴かせていただいたり、ビブリオバトルを開催したりと、

全てを野球につなげるようにしています。

夏の大会では、

この松山南高校野球部の魅力を存分に発揮したいと思います。

個人としては、チームの中で唯一無二の存在になりたいです。

「佐々木がいなければ・・・」

と言われるような大きな存在となってチームに貢献します。

そのために、野球の技術向上はもちろん、

学校に貢献したり、毎日勉強したりと、

自分たちが目指す野球をとことん貫いていきます。

目標はもちろん甲子園!」

なかなか試合に出られなくても、勉強も野球も手を抜くことを知らない佐々木翔太。

彼がいてくれるから私も頑張れます。ありがとう。

〝南攻不落〟