松山南高校野球部〝南攻不落〟

愛媛県立松山南高等学校野球部の日々を綴ります。

自分で考えてやるから楽しいんだ。

f:id:m-minami-bc:20170528153209j:plain

本日の練習試合の結果

   松山中央 6 ー 1 松山南

    松山南 4 ー 2 松山中央

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  松山南B 13 ー 2 松山北B

  松山北B  3 ー 2 松山南B 

松山中央高校グランドにて2試合行いました。

また、松山北高校グランドにてB戦を2試合行いました。

 

松山中央高校は、試合前に「朝の恵み」なるトレーニングを行っていました。

ダッシュ系があったり、股関節や回転を意識するメニュー(写真)など、

自分たちで意味を考えながら意識して行うトレーニングは効果大だろうし、

何より自分たちが楽しいだろうと思います。

 

1試合目。

今日も好投手との対戦だったのでロースコアを予想していましたが、

こちらがチャンスを潰した後に、

やってはいけない形で先制点を与えてしまいました。

その後何度か得点のチャンスはあったものの、

最少失点で切り抜けられてしまいました。

こちらが失点につながりそうなミスをした時に、

きっちり結果を出す松山中央打線に脱帽です。

 

2試合目。

勝ちはしたものの、

状況に応じたプレーができず、

普段の練習の成果を出すことができませんでした。

 

2試合目の試合中に、

松山中央高校監督の吉田先生が言った言葉が印象的です。

走塁ミスをした生徒に対して、

「そんな野球しても楽しくないやろー!」

 

・・・そうだよなぁ。

打者が主役。投手が主役。野手が主役。走者が主役。

出場している生徒が主役です。

その場を楽しくするかは主役次第です。

 

今日の試合は、主役なはずの生徒がしんどそうでした。

 

チャンスもピンチも、全部主役次第。

プレーに関われることは、本来楽しいことのはずなんだ。

もちろん、一発勝負という厳しい世界にいるのはそうなんだけど、

プレーするときに、

「俺がやってやる!」

「さぁ、面白くなってきた」

「ここで仕掛けましょうか監督さん?」

そんなことを思いながら野球を楽しんでほしい。

 

野球というスポーツは、

アリが象を倒す可能性が十分にある競技です。

そんな楽しい競技をしているんだから、

まずは自分が楽しまなきゃ。

 

吉田先生に大切なことを思い出させてもらいました。

 

B戦は、生徒たちがそれぞれ力を発揮したと報告を受けました。

みんなで成長しよう。

〝南攻不落〟